話題

3月「どんなときもWiFi」通信障害の理由は?対応は「休止の申請」

どんなときも WiFiの通信障害

2020年3月中旬から株式会社グッドラックのクラウドSIMを使ったWi-Fi通信サービス「どんなときもWi-Fi」で通信障害が発生しています。

クラウドSIMは中国のuCloudlinkが開発した次世代型の通信技術で、一つの端末で複数の回線を利用できるのが特徴です。

クラウドSIMの提供会社が複数回線と契約しており、この複数回線をユーザーが使うという仕組みになってます。

株式会社グッドラックのサービス「どんなときもWi-Fi」は同年2月にも2度ほど通信障害を起こしており、今回で大規模な例は3度目になります。

【追記】
4月現在、どんなときもWi-Fiの通信制限は解消されていますが、新しい制限や新規受付停止の処置がされています。

*詳細は下にまとめてますのでご覧ください。

通信障害はなんで起きたのか?

ではなぜ通信障害が起きたのでしょうか?

運営会社側からは、

本日、弊社が回線提供を受けている、パートナー会社より下記のような回答がございました。
①一部のキャリアからのSIMカードの提供がストップしており、SIMの増強に遅延が生じている。
②SIMカードを動かす為の設備の製造および発送が停止、遅延している。

①については、キャリア全体のデータトラフィック(通信量)の増加が想定されます。
②については、新型コロナウィルスの混乱による影響となります。

上記2点の理由により、ご利用者様への十分なデータ量の確保ができていない状況です。
現在発生している障害については、これらの理由によりSIMカード不足が引き起こした容量不足が原因ということが判明しました。

引用元:どんなときもWi-Fi お客様サポート

このような内容が報告されています。

一部キャリアのSIMカードの提供がストップしていることと、それを利用する為の装置に遅れが生じていることのようです。

現在クラウドSIMを使ったサービスは、日本での利用では、地域にもよりますがソフトバンク回線がほとんどということも言われているのでデータの確保ができないということはありそうですね。

運営会社の対応は休止の申請

これに対して、運営会社の対応はどういったものなのでしょうか?

ご利用者様に対し十分なサービスの提供が行われない可能性が高く、
これ以上ご迷惑をおかけしない為にもご希望のお客様に対して「回線休止」の措置をとることを決定いたしました。

現在の復旧見込みは4月上旬頃となっている為、本申請では3月末までの一時休止受付といたします。
復旧は前後する可能性が御座いますので復旧目途が立ちましたら、「再開に関するお知らせ」を行いこちらから提示した再開日に合わせて再開の処理をさせて頂きます。(再開時は申請不要)

大変恐れ入りますが、下記の【回線休止申請フォーム】をご確認いただき「回線休止」をご希望のお客様は大変お手数ですが申請をお願い致します。

【回線休止申請フォーム】
https://bit.ly/2wiWawi
※申請フォームにて申請した翌日AM9時以降で順次回線停止致しますのでご注意ください。
(休止日を調整したい場合は休止したい日の前日に申請をお願いします)

引用元:どんなときもWi-Fiお客様サポート

今回の件では「回線休止」の申請ができるという内容になっています。

また、ここ休止申請に申し込んだ場合、休止完了日〜再開日までの料金を免除するという内容になっています。

3月22日での追加の内容では、

現在の状況ですが、問題なく利用できている方もいれば、障害の影響で利用できていないお客様もいる状態でございます。ただし、回線提供を受けている協力会社よりお客様お一人ずつの利用状態の共有はされておりませんので当社側ではどのお客様が障害の影響を受けているのか判断がしきれておりません。

その為、現在問題なくご利用頂けているお客様に関しては通常通りの月額料金を請求させて頂きます。
休止申請がない場合、後程の日割り免除対応が出来かねますので、予めご了承くださいませ。

現在の復旧見込みは4月上旬頃となっている為、本申請では3月末までの一時休止受付となります。
復旧は前後する可能性が御座いますので復旧目途が立ちましたら、「再開に関するお知らせ」を行いこちらから提示した再開日に合わせて再開の処理をさせて頂きます。(再開時は申請不要)

引用元:どんなときもWi-Fiお客様サポート

このようになっており、障害の影響が出ていないユーザーもいるようです。

また、電話サポートもあるのですが、現在かなり混雑している様子で、つながらないという声が多く出ています。

復旧の見通しはいつ?解約での違約金は?

復旧に関しては、3月中の復旧は難しく、4月上旬を予定しているとのことですが、公式サイトのチャットサポートで受付について確認したところ、

「現在は予約受付になっており、4月3日頃を目処に順次出荷予定」とのことなので、もしかしたら4月3日辺りには復旧される可能性があります。

また、解約ついては、現段階では違約金を通常通り支払うことになってるようです。

新規窓口もまだ動いている

上記にも記述しましたが、通信障害が起きている2020年3月現在でも新規の受付はしています。

しかし、予約受付になっていて、4月3日以降に発送されるようです。

また、遅れている原因に関しては、「新型コロナウイルスの影響によりメーカーでの製造・納品に大幅な遅れが出ている為、端末の在庫切れが発生している」というチャットでの回答がありました。

ツイッターの反応

モバイルWi-Fiの選び方の参考になるのか

現在、「どんなときもWi-Fi」が取り上げられていますが、クラウドSIMを利用したサービスではどのサービスも同じ事態になる可能性もあると考えます。

なので、利用を考えるときは複数持つ、もしくはクラウドSIM以外の「SIMカードを使用しているモバイルWiFi」を検討することもありかと思います。

また、今回の件で違約金が発生することで解約できないユーザーも多いことから、「契約縛り」のないサービスや違約金が少ないもしくはないサービスを検討するのも手ですね。

【追記】4月からの対応

4月に通信障害は解消されていますが、ユーザーには追加の対応がなされています。

・3月分の利用料金全額返品

・4月に通信障害が起きた利用者に対しての4月分の利用料金全額返品と解約違約金免除

・一部利用者に対して「毎月25GB制限で更新月まで無料利用」か「解約金を免除するので解約」の対応

・一部利用者に対して「通常通りの通信での利用が可能」ということで今まで通り可能という対応

・新規ユーザーの受付停止

こうした対応には、一定のユーザーに制限をつけることと、新規ユーザーの受付中止により、通信障害のリスクを減らしたのかもしれません。

ちなみに現在、どんなときもWi-Fi以外でも多くのクラウドWi-Fiサービスが新規受付を停止しています。

その背景にはテレワークや自宅にいることが多くなり、通信自体多く使われていることもありそうですね。

まとめ

コロナや、通信供給に対しての利用者の拡大など様々な原因がありますが、ツイッターなどでサービスに大規模な障害が発生しているにもかかわらず、休止措置や料金免除の処理を利用者に求める対応にユーザーの方々が反応していることもあり、今後の対応が注目されます。

個人的な感想としてはとても便利ですのし、端末も使いやすくて利用していて助かるサービスでもあるので、復旧してくれたらと思うのですが、今回の件で解約者は増加することも考えられると思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です