話題

ヴィーガンカフェがオリンピックに合わせて続々オープン、外国人観光客の利用も視野に?

近年、セレブなどで人気があるヴィーガンですが、日本にも続々とヴィーガンのカフェがオープンしています。

お通じがよくなる、肌がきれいになる、体臭がやわらぐ、疲れにくくなる……など、美容&健康面でも効果を発揮すると言われる“ヴィーガン”。ファッションでも、エコファーがトレンドINするなど、世界のトレンドがヴィーガンへ向かうなか、2020年のオリンピックに向け、東京でもおしゃれでおいしいヴィーガンカフェ&レストランが急増中!

引用元:ヤフーニュース

ヴィーガンとベジタリアンの違いって?

動物愛護の精神で取り入れらているヴィーガニズムでは、動物の肉はもちろん、乳製品や卵といった動物性の食べ物を摂取しません。このような生活を取り入れる人々を「ヴィーガン」と呼ばれます。

これはに加えて、動物の毛でできたファーやレザーといった服飾に至っても例外ではなく、利用しない精神を取り入れています。

これに比べて「ベジタリアン」は、菜食主義者という意味で用いられます。
古代では動物愛護の精神で用いられていましたが、20世紀に入ると「身体の健康を重視した」食生活という趣旨で行われていることが多くなりました。

この2つには行動こそ似ているところがありますが、考え方や思想などは大きく異なる性質を持ちます。

外国人に向けたサービスとしても注目

この時期に続々とオープしている背景には、オリンピックに向けてということがあるようです。

こうした流れの中で、外国人観光客や移民の人々のシェアを拡大する目的も含まれているのかもしれません。
来年には多くの外国人の訪問が予想されており、経済効果も見込めるでしょう。

もちろんそれ以外でも、美容や健康、エコなどに意識を向ける動きが高まっていることもあると思います。

まとめ

和食が「ユネスコ無形文化遺産」に登録されているように、健康面やバランスに特化した食文化を取り入れてきた日本人は、菜食主義やヴィーガニズムには精通するものがありそうです。

ですが、日本ではベジタリアンも含めて少ない傾向にあると言います。

しかし、世界的に話題になっていく過程で日本でも増えていくことは大いにあるかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です