話題

カピバラの露天風呂が今年も始まる、なぜ温泉に浸かるは動物園に理由があった?

今年も、カピバラの可愛い姿が見れると評判の「カピバラ露天風呂」が始まったようです。

静岡県の伊東温泉で、冬の風物詩「カピバラの露天風呂」が始まった。

伊豆シャボテン動物公園では、5匹のカピバラの家族がゆずの入ったお風呂になぜおっ次々と入り、気持ちよさそうにくつろぐ姿を見せた。

引用元:livedoorニュース

この風景は想像しただけでも微笑んでしまいそうですよね。

なぜ温泉に入るのか?発祥は動物園だった

カピバラは南米の温暖な地域に生息しているため、暖かい場所を好みます。
また、水辺に生息しており潜水もできるほどに泳ぎも達者のようです。

伊豆シャボテン動物公園は、元祖のカピバラの露天風呂として有名です。

ここの飼育員がお湯で展示場の掃除をしていたら、お湯だまりにカピバラたちが集まって手足やおしりをつけて気持ちよさそうにしていたのを見て「露天風呂」のアイデアを思いついたと言います。

参考元:伊豆シャボテン動物公園 元祖!カピバラの露天風呂ヒストリー

 

ツイッターの反応も見ていきます。

静岡放送でもしっかりと特集されています。

お湯が溜まるまでソワソワしている仕草がとても可愛いです。

人間と同じように、温泉に浸かると気持ちよくて目を細めるんですね。

海外の反応

また、日本のカピバラ温泉について海外の反応もありました。

・冬に温かいゆず湯につかるカピバラには、最高に癒される。

・まさに地球上でもっとものんびりした動物だな。

・私の国の動物がどうして世界の反対側にいるの?

・いつも全然動かず、世の中のことなんてまったく気にしてないみたいだよな。僕も彼らみたいになりたいよ。

・あったかいゆず湯に入っているのがなんで私じゃないの?彼らより私の方がお風呂を必要としてると思うんだけど…

参考元:海外まとめネット

日本文化の代表でもある温泉は海外でも知名度が高いです。
それに浸かっていて気持ちよさそうにしているカピバラの姿は、海外の人々にも好評のようです。

まとめ

カピバラの露天温泉が見られるのは冬の時期だけですので、癒されに行ってみても楽しいと思います。

今回取り上げた伊豆シャボテン動物公園(静岡)以外にも、秋田、千葉、埼玉、神奈川、栃木、愛知、兵庫、石川、愛媛、鳥取、山口、長崎にも「カピバラ温泉」が見られる動物園があるので、気になる方は調べてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です