日本

【緊急事態宣言でのコロナ対策】入国停止の緩和はいつになる?

1月上旬に発令された首都圏を中心とした一部の地域での緊急事態宣言、13日には更に範囲を拡大しました。そのタイミングで制限されたのが入国一時停止の規制です。

緊急事態宣言のコロナ対策で、一時入国停止はいつに緩和されるの?

国民には自粛を要請しているのに、入国してた?緊急事態宣言と同時に停止しなかった理由はなんだったの?

緊急事態宣言は延期される可能性もあり?その時、入国停止はどうなるんだろう?

前々から、入国制限の強化についての意見はありましたが、緊急事態宣言から、少し立っての規制と緩和についても気になるところです。

今回は、そんな疑問について調べてみました。

【緊急事態宣言でのコロナ対策】入国停止の緩和はいつになる?

菅総理は、13日の質疑応答で「緊急事態宣言に合わせて、発令されている間、(入国を)一時停止」と述べてました。

なので、緊急事態宣言化に置いては、入国を制限(全面停止)する方針のようです。期間としては、2月7日までを緊急事態宣言の目安にしていることから、緩和がされるとしたら、このタイミングではないかと考えています。

あと、調べてみると、2021年の中国の春節は2月11日〜2月17日までの期間です。
中国では、この春節休暇が一番長い休みとも言われています。

この期間には、日本の観光、衣服、食品、外食など多くの経済が潤います。観光にきて買い物や食事をするわけですからね。なので、ここに合わせて入国緩和はされるのかなとも思っています。

緊急事態宣言と同時に停止しなかった理由は1つ?

先に、なぜ全面停止にしたのかを先に述べていきますと、「イギリスやブラジルからの帰国者からクラスター発生で、国民の不安が高まったことを踏まえた上で判断した」と菅総理は述べています。

では、なぜ緊急事態宣言の発令と同時に入国制限を強化(禁止)にしなかったのか?その理由は、

○「レジデンストラック」と「ビジネストラック」で入国許可していた国から(コロナ)変異株の発見がなかった

というものです。このように今回の入国停止の対応については、「変異体ウイルス」の発見が鍵になったのだということのようです。

<参考動画>

先述しましたが、色んなところで、「なぜ、入国制限を強化しないのか?」という声が上がっていたこともありますし、変異体の事例が出たことで危機感が増したのかもしれませんね。

ちなみに今回は「東京五輪」の影響で遅れたということがないようです。

緊急事態宣言の延長はある?でも入国停止は緩和される?

こうしたことを踏まえて、緊急事態宣言化での入国停止を実施しているということは先述しましたが、緊急事態宣言自体の延長は可能性もあります。

理由しては、西村経済再生担当相は「感染状況次第では追加もある」と述べていることが挙げらます。

しかし、感染拡大の歯止めとして「新型インフルエンザ等対策特別措置法(特措法)」の改正案が国会に提出されたことにより、罰則が課せられる改正がなされる予定ですので、このタイミングでの改正を考えると、延長もありうるのかもしれません。

ですが、個人的には日本経済への打撃を打破する考えとして、入国停止は緩和されるのかなとも思っています。

まとめ

コロナ対策での入国制限が一時的に停止した理由や緊急事態宣言よりも遅れたのはなぜか?をまとめてみました。

個人的な感想は、経済重視の視点もあるのは分かるけど、やはり入国緩和は感染が広がるリスクも高いことは明確だと感じます。

みなさんはどのようなに考えますか。今回は以上です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です