世界

【タイムズ紙】東京五輪の中止報道、その内容と世界の反応は?

東京五輪の中止報道が世界で流れているけど、真相はどうなんだろう?

開催中止になったら、このまま東京五輪はなくなるのだろうか?

このような疑問について見ていきます。

【タイムズ紙】東京五輪の中止報道、その内容と世界の反応は?

数日前、東京五輪の中止報道が英タイムズ紙で掲載されました。

政府や大会組織委員会が内容を否定する見解を明らかしており、小池都知事もこの報道には、「抗議を出すべき」と否定しています。

英タイムズの報道した内容を重点的にみると、

○東京五輪の中止ぜざるおえないと結論
○開催枠の空いている2032年開催プラン
○開催が困難であることは総意
○誰も最初に開催中止を発言することを望んでいない
○国の面子を保つ中止発表の手法を探し出している

参考元:HYPEBEAST

このような感じです。世界最古の新聞社である「タイムズ」ということもあり、信憑性の高い情報として言われているようです。

先述したように、日本政府側はこの内容を否定しているので、真相はわかりませんが国民調査では2021年の東京五輪開催について、約8割の国民が反対を示していることも事実です。

世界では、以前から2021年にも開催が難しいということは言われていたらしいです。
それこそ、トレーニングができない、選手を派遣できない、ボランティアも派遣できないというように、様々な問題があったとも言われています。

日本側も無観客開催の提案を出すも、これは却下されたようです。

「国連」に委ねることで外的な要素をいれての中止でメンツを保つ?

1月になり、IOCのケビン・ゴスパ元副会長・名誉委員が「五輪の開催・中止の判断を国連に判断を委ねる」という可能性を明示しました。

なぜここで国連が出てくるのか?
その理由は、「これは単なるスポーツの問題、国益に関する問題を超えている。」ということで、これにくわえて「第三者を探しているなら国連に行き、大会をこのまま進めるかどうか解決を求め、関与を求める事例」との発言をしました。
参考元:日本経済新聞

「第3者を探しているなら」という点からも、先述したタイムズ紙の「誰も最初に開催中止を発言することを望んでいない」という部分にも当てはまるのではないかと考えます。

また「国の面子を保つ中止発表の手法を探し出している」と言う点も外的な要因をいれることにより保たれるのではないかとも感じてます。

「2032年開催」が焦点になっている?

「2032年開催」は東京五輪がこのまま中止になった場合、2024年パリ、2028年ロスの次の枠が決まっていないことからこのような情報が出てきたのだと推測しています。

開催中止になることは同時に日本経済にも過大なる影響を受けること明白であり、たしかに「誰も最初に開催中止を発言することを望んでいない」という報道もあらがち間違えではないとかなとも感じます。

さらに「国の面子を保つ中止発表の手法を探し出している」という点も、「2032年開催」という明確な枠があれば国民や諸外国へのメンツは保たれるのかもしれません。

まとめ

個人的には、東京五輪の2021年開催は難しいのではないかと考えています。世界的にまだまだコロナが終息していないし、ワクチンも接種が始まったばかりです。

それよりもアスリート選手の方々の準備も熱量も今年開催になると違うのではないかなと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です