新型コロナウイルス

スペインでベーシックインカムを導入?新型コロナの影響を受けて

世界中で新型コロナウイルスの影響が深刻化している中、スペインではベーシックインカムを開始するということが決定しました。

新型コロナウイルスの感染者数が世界2位に達したスペインは、経済の立て直しに向け、可能な限り迅速に「ユニバーサル・ベーシック・インカム(最低所得保障制度)」制度を導入することを決定した。

引用元:Forbesジャパン

スペイン現在の感染状況

スペインでの新型コロナウイルスの感染状況はこのようになっています。

感染者数 172541人
死者数 18056人

*4月14日時点

【4月21日更新】

感染者数 20万210人
死者数 2万852人

*4月20日時点

新型コロナでの死亡者数は世界で3番目に多く、買い物は1人でしか行けない、老人や子供の外出が制限されることや、ペットをつれての散歩は許可されていることから犬のレンタルサービスも盛んに行われているなど、厳格なロックダウンがされています。

ですが4月13日にはこれらのロックダウンが一部緩和され、リモートワークができない労働者の方々は業務再開されることになりました。

しかしまだ依然として、警戒体制は解かれていないとのことです。

ベーシックインカムとは?

ベーシックインカムとは、国の政府が最低限の所得を国民に支給する制度のことです。

全ての国民に対して生きていく上で最低限の生活保障を支給して個人の豊かさを尊重した生活ができることで注目されていますが、同時に「働かなくなるのではないか?」という指摘もされています。

過去に小規模な実験的導入はフィンランドなどの国々で行われています。

参考元:現代ビジネス

スペインの場合は、具体的ば時期などは調整中のようですが、「可能な限り迅速に行う。そうすることで(人々の)役に立つだろう。これはこの非常事態のためだけでなく、今後永続的に続く」と述べています。

実際にはベーシックインカムではない?

実はスペインのベーシックインカムは、純粋なベーシックインカムとは違うと言った情報もあります。

参考にさせていただいたCUBE MEDIAさんサイトに詳細が載っていますので、是非参考にしてください。

→CUBE MEDIA

これによると、最低限の必要な収入支給の準備や支給するターゲットをどうするのかを調整しているとしています。日本で言う生活保護のような制度だということのようです。

なので、全ての国民に一律で生活費を支給するベーシックインカムとは異なるということです。

SNSの反応は?

ツイッターの反応を見ていきます。

まとめ

新型コロナでの世界的な被害は経済的にみても凄まじいものです。

この感染の危機を乗り越えた先が本当の経済危機も来るかもしれません。

ベーシックインカムは各国でも注目が集まっているのもこれらの背景があると感じています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です