新型コロナウイルス

ローマ教皇がベーシックインカム提言、コロナの影響で世界も注目

ローマ教皇のフランシスコ教皇がベーシックインカムについて世界に向けて提言しました。

ローマ教皇が提言

「今こそ、ユニバーサルベーシックインカムを検討すべき時かもしれません。これは、『権利のない労働者など存在しない』という人間的でキリスト教的な理想を現実のものにすることでもあります」と述べました。

引用元:GIGAZINE

第266代ローマ教皇であるフランシスコ教皇が復活祭(イースター)である4月12日にベーシックインカムについて語っています。

ユニバーサルベーシックインカム

ここで取り上げられているユニバーサルベーシックインカムとは、「UBI」とも略されますが、「最低所得保障」のことを言います。

簡単に言うと、成人になった国民1人1人に対して無条件で一定の支給を政府からすると言うものです。

フィンランドでは過去に2000人を受給者の対象として2年間実施しています。

スペインでは新型コロナウイルスの影響が続く中、ベーシックインカムを永続的に行うことを述べています。

*ユニバーサルベーシックインカムではないとも言われています。

ベーシックインカムは注目されている

2020年に行われる予定のアメリカ大統領選挙に立候補したアンドリュー・ヤンはUBIをアメリカの成人18~64歳まで全員に月1000ドルを支給することを述べています。

しかし、実際に支給することになると政府の財政面での圧迫や「働くかなくなるのでは」ということも懸念されています。

元サッカー日本代表の本田圭佑選も自身のツイッターで、世界のこのような現状でのベーシックインカムの必要性を説いています。

新型コロナ後の重大な影響

世界中でもロックダウンや非常事態宣言で、経済は今後も大打撃を受けていくと予想されています。

長期的な封鎖や自粛で、安定した収入が得られない人が多く出てきていることもあり今、このような影響がどんどん広がりを見てせると言います。

「この危機が、私たちを手綱を握る者のいない自動運転状態から解放し、眠っていた良心を揺り起こし、偶像崇拝的な拝金主義に終止符を打ち、人間の命と尊厳を中心としたヒューマニズムとエコロジーへの転換を引き起こしてくれることを願っています」

引用元:GIGAZINE

 

こうした困難な中でベーシックインカムがより注目されていくことになるかもしれません。

SNSの反応

ツイッターの反応も見ていきます。

まとめ

ベーシックインカムについては、問題点などもありますが、個人的には今、直面している影響は経済のあり方を変えることになるかもしれないと感じました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です