話題

大人気のケンタッキー食べ放題、魅力的な「創作料理」も話題に!

ケンタッキーの食べ放題が関東に11月にオープンして、大人気度と話題になっています。

なんでも平日、休日問わずに行列ができるほどの賑わいなのだそうです。

お店の場所は「町田市のグランベリーパーク」。
11月13日にオープンした東急電鉄の大型商業施設で、オープン当初も話題になりました。

パスタやサラダ、スイーツなどの限定メニューも含め、約50種類が並ぶ。平日ランチ税抜き1980円、平日/土日ディナー2580円と、価格も手頃だ(土日ランチは2180円)。ホットケースに並ぶ大量のオリジナルチキンは壮観(編集部撮影)

食べ放題の制限時間(ランチ80分、ディナー90分)からすると、午前11時から午後10時までの営業時間で6~7回転。席数は100席なので、すべての席に詰めて座ったという前提で単純に計算すれば、日に600~700人が訪れることになる。

引用元:ライブドアニュース

メニューを見るだけでも思わずいきたくなるような、魅力的は内容です。

では、このような人気はどうやって生まれたのでしょうか?

SNSが人気のひきつけ役

オープン以前から話題となっていたこともありましたが、この度の人気の理由としてあげられるのは、お客さんがインスタなどに写真をアップし、それを見ていきたくなるといういわゆる「SNS効果」が大きかったのだといいます。

またこのSNSの写真を見て、特別な時に食べるものとの認識の多いケンタッキーを「お腹いっぱい食べたい」という衝動を誘発しているということもあるそうです。

参考元:ライブドアニュース

確かに、どちらかというと、特別な時に食べるという認識はありまそうです。
そんなケンタッキーの食べ放題となると胸躍ること間違えなしですよね。

メニューや店内にも創始者のこだわりがある

ケンタッキーの創始者「カーネル・サンダース」。

グランベリーパーク店では、このカーネル・サンダースの家でホームパーティーをしているイメージの店内にしたそうです。

メニューには、カーネル・サンダースの手記にあったレシピを復刻した「ポテトの蒸し焼き」もあります。

こうしたこだわりが随所になり、来店客を満足されているようです。

まとめ

ケンタッキーの食べ放題というだけでも魅了的なのですが、これに加えてSNSでの口コミや写真が大きな反響を読んだのですね。

オリジナルチキンの食べ放題、創作料理やオリジナルレシピと魅力が溢れ出しています。
この行列は当分は続きそうですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です