日本

急増するパパ活の実態、働き手の増加が意味するもの【稼ぐ人と稼げない人】


最近のコロナの影響で、夜のお店が自粛閉店などで厳しい状況になっています。
このような状況下で増えていくているのが「パパ活」なのだそうです。
今回は、そんな現在の「パパ活」の現状をみていきたいと思います。

この記事の要点

・「パパ活」が増えてきた
・内容や需要も変化
・稼げなくなる人も急増?

「パパ活」が増えてきた要因

「パパ活」とは、女性が食事やデートに付き合う対価として、男性から金銭を受け取ることであり、近年になり大学生や若い層の女性を中心に広がりを見せました。パパ活アプリなどもあり、そので知り合う女性は素人の人が多いことが魅力になっているそうです。

先述しましたが、現在はコロナの影響もあり、水商売で働いている方々がこうした活動に参戦するようになり、以前よりも急増してるといいます。
従来のようにキャバクラなどのお店にいくことがリスクとされている現状下で、この「パパ活」形態にそうした場所で働く人がどんどん流れて来ているのですね。

「パパ活」自体の内容にも変化が?

水商売で働く人が参入することにより、「パパ活」自体も影響があるといいます。

今までは、素人の人お金稼ぎのようなニュアンスで、することもデートしたり、一緒に食事をして、1日に数千円~数万円をもらうようなものでした。

しかし、そういった層の方々が参入したことにより、サービスの質、容姿のクオリティーなどが格段に向上して来ているというのです。なので、今まで稼げた層の人たちが稼ぎづらくなって来たという現状があります。

また、サービス内容もデートや食事以外にも「体の関係」なども出るケースも増えているようです。

稼げなくなった人たちは単価を下げている

また、この状況下で稼げなくなった人達は、なにをしているのか?
それは「1回の単価を下げていくスタイル」に切り替えているのはそうです。
普通に仕事を探しても中々仕事が見つからない現在です。このような状況では、極端な話ですが数千円ないし、1万円などのお金で「体を売る」といったことをすることもあるかもでしれません。

大半は学費や奨学金を払えない大学生?

このような「パパ活」をする人たちの多くは学費の払うために大学生がしていたり、卒業後に発生する奨学金の返済に追われる人達なのだと言われています。
これもコロナの影響でのアルバイト・派遣などの解雇や失業で職や稼ぎ口がなくなったことによるのもので、そういったことで働く人が急激に増えているのが現状のようです。
<参考動画>

さいごに:ネットニュースでも話題になっている

最近では、ネットニュースでも話題に上がっています。
「パパ活が売春化しつつある」、「キャバクラ衰退からパパ活アプリに移行」など、ここ数ヶ月でこのような記事をよく見かけるようになりました。
こうした意味でも、最近の夜の街や水商売のあり方が変化して来ているのかもしれません。

参考記事
→Yahoo!ニュース
→Yahoo!ニュース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です