話題

東京にある睡眠カフェが話題に、昼寝とコーヒーで集中力が向上する?

コーヒーと睡眠を効果的に取り入れたカフェが話題になっています。

一見すると相性が悪い「コーヒー」と「睡眠」だが、この2つを掛け合わせた「ネスカフェ 睡眠カフェ」が2019年3月、東京・大井町にオープン。12月4日からは映像や音楽の演出を取り入れた新コースが加わるなど、昼寝や仮眠の環境作りに力を注ぐ。

引用元:livedoorニュース

コーヒーには一般的にカフェインが入っていて、眠りから覚めてしまうイメージがあります。
しかしこのカフェでは、カフェインレスのコーヒーも提供などもしていてリラックス効果を促進させる作用を取り入れる動きもあるようです。

パワーナップで仕事効率アップ?

この新たなカフェの背景には、近年注目を集める「パワーナップ(積極的仮眠)」が関係しています。

このパワーナップは、Google、Apple、Microsoftなどの世界有数のトップ企業が、従業員に推奨していて、短期的な仮眠は認知能力が34%、注意力は54%も上がるとアメリカNASAが科学的効果を実証しています。

参考元:PHILIPS

実際の時間としては26分間、椅子に座って、照明のない部屋で、ほのかな雑音を聴きながら仮眠を取ると効果的で、寝る前にコーヒーを飲むことにより20〜30分後に効果が出てくるカフェインの力を効率よく利用して目覚めをよくする効果をもたらします。

また、こうした要素を取り入れたこのカフェは、働いている人や夜勤明けの人以外でも、子育てをしているお母さんも足を運ぶと言います。

なんでも、落ち着いて誰にも邪魔されずに昼寝をしたいという理由で訪れるのだそうです。
参考元:livedoorニュース

こうした様々なお客さんに利用されているのですね。

Twitterの反応

Twitterでもいろいろな反応がありましたので紹介します。

実際に行っている人の意見を見てみると、「安らかに眠れる」という声が多かったです。

コースによっては寝る前と後にコーヒーがそれぞれ出るらしいですね。

まとめ

これからの働き方の新定番になるかもしれない「パワーナップ」ですが、これに先駆けているカフェだなと感じました。

短時間の昼寝をすることで集中力や注意力が向上する実験結果も出ているので、「昼寝」の文化もこれから普及していくかもしれません。

これからどんどんこのようなサービスの需要が増えていくことになるかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です