日本

【GoToトラベル】都民対象、都内の宿泊5000円補助の内容とは?


「GoToトラベル」と併合できる都民への補助が2020年10月下旬から開始されることがわかりました。

 東京都の小池百合子知事は9日の定例会見で、都民が都内を旅行する際に一部を助成する事業を今月24日から開始すると発表した。
引用元:ヤフーニュース

今回は都民が対象になる旅行補助について詳しく見ていきたいと思います。

【都民が対象の旅行補助】「もっとTOKYO」の内容

都民が対象の旅行補助策「もっとTOKYO」は、東京都民の都内の宿泊旅行・日帰り旅行を対象にした補助になります。
補助の内容は下記の通りです。

補助金額 GoToトラベルと併合する GoToトラベルと併合しない
宿泊旅行 1人1泊あたり

5,000円

9,000円以上の旅行 6,000円以上の旅行
日帰り旅行 1人1回あたり

2,500円

4,500円以上の旅行 3,000円以上の旅行

このように1人1泊につき、5,000円の補助を受けられるので、かなりお得に利用できます。

「GoToトラベル」と併合可能

このキャンペーンの最大の魅力は「GoToトラベル」と併合可能だということです。
これにより、宿泊利用者は負担が最低でも1000円程度になるような仕組みになっているとしています。
2020年10月24日以降の旅行が対象になり、予約開始が23日からとなります。

例えば、1人1泊10,000円のホテルに宿泊する場合は、
もっとTOKYO→10,000円-5,000円=5,000円
GoToトラベル→5,000円-1750円(35%)=3250円
地域共通クーポン→10,000円の15%=1500円分が付与
実質1,750円で宿泊ができることになります。

この計算のように、「もっとTOKYO」を「GoToトラベル」と併合の前に割り引くか、それとも「GoToトラベル」と併合の後に補助分5,000円を割り引くかは言及していませんでしたが、どちらにしてもかなりお得に旅行できることは確かですね。

期間はいつまで?運用制限は?

期間や運用制限については、東京都の会見では述べられていませんでした。
しかし「もっとTOKYO」と同時に述べていた島で使える商品券「しまぽ通貨」のプレミアム宿泊券(10,000円分の「しまぽ通貨」を1セット8,000円で購入できる)の利用期間が2021年の3月末までなので、この補助も「GoToトラベル」の期間までは利用できる可能性が高そうです。

まとめ

都民を対象とした都内への旅行補助を紹介しました。
「GoToトラベル」とも併合可能なので、都民の人は都内の宿泊・日帰り旅行が格段に安くなるこのキャンペーンを効果的に利用していきたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です