新型コロナウイルス

格安スマホは対象外?ドコモ、au、ソフトバンクが50ギガ数無償化【25歳以下対象】

新型コロナ感染拡大の影響で、学校が5月まで休校になっています。
この対策措置として、ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアは4月から、「データ通信量の追加分」を最大50GB無償化にすることを始めています。

それぞれの対策を見ていきましょう。

ドコモのギガ数無償化

本支援により、2020年4月1日(水曜)時点の契約者または利用者※1の年齢が25歳以下かつ、対象プランをご契約のお客さまを対象に、2020年4月および5月ご利用分の「スピードモード(R)」ならびに「1GB追加オプション」を、50GBを上限に無償化いたします。

引用元:NTTドコモ

期間は4月1日〜5月31日で、2020年4月1日時点で年齢が25歳以下のユーザーを対象としています。

内容は、通常では1G1000円(税別)かかる「スピードモード」、「1GB追加オプション」を50GBまで無償になるというものです。

特徴としては、他のキャリアサービスよりも1ヶ月間期間が長いことです。

また、このサービスでは「1GB追加オプション」で追加していくのが一般的ですが、指定ギガ数まで通常利用できる「スピードモード」(1〜10GBか無制限)を活用することでついの申し込みをしなくて済むのでぜひ活用しましょう。

auのギガ数無償化

KDDI、沖縄セルラーでは、全国の各種教育機関の休校措置を踏まえ、学生やお子さまのオンライン授業や各種教育コンテンツのご利用を支援するため、2020年4月1日から2020年4月30日までの間、25歳以下のお客さまを対象に、データ定額サービス/料金プランでの月間データ容量超過後にデータチャージされたご利用分のうち、50GB分までのご利用料金 (該当項目へジャンプします注1) およびテザリングオプション利用料 (該当項目へジャンプします注2) を無償化します。

引用元:KDDI

期間は4月1日〜4月30日で、2020年3月31日時点の契約情報に基づき、25歳以下のユーザーを対象にしています。

内容は、データ定額、料金プランの月間データ容量すぎた分のデータチャージ利用分を50GB分まで無償化します。

また、テザリングオプションでかかる料金も無償になります。(翌月の利用料金からの減算)

こちらの特徴は、月の後半にデータチャージする場合は、いったん請求が発生したのちに、翌月以降の利用分から減算になる場合もあるようです。

ソフトバンクのギガ数無償化

ソフトバンク株式会社と株式会社ウィルコム沖縄は、新型コロナウイルス感染症の影響の拡大に伴い、学生のオンライン授業でのスマホ活用を支援するために、“ソフトバンク”および“ワイモバイル”のスマホやタブレット端末、Wi-Fiルーターなどを利用中の、25歳以下の個人のお客さまを対象に、追加データの購入料金を最大50GBまで無償化します。また、“ソフトバンク”のスマホやタブレット端末などのテザリングオプションの利用料金を無償化します。今後のコロナウイルス感染症の状況により、対象期間を延長する場合は、改めてお知らせします。

引用元:ソフトバンク

期間は4月3日〜4月30日で、25歳までの個人契約のユーザーが対象になります。

内容は、「追加データ購入」分を50GBまで無償し、テザリングオプションの利用も無償化になります。

特徴としては、ソフトバンクだけじゃなく、ワイモバイルのユーザーも同等の条件になるということです。

ワイモバイルの場合は、他の3大キャリアと違い、大容量プランがない(最大で17GB)ので、ワイモバイルユーザーにとってこの無償化は嬉しいですね。

また、新型コロナウイルスの状況次第での延長の可能性もあると書いているのも特徴でです。

格安スマホのプランはどうなるのか?

気になるのが、MVNOが提供する格安SIMの場合です。

総務省は格安SIMを運営する企業が多く参画する一般社団法人テレコムサービス協会にも、同様の要請をしている。
要請に対し、MVNO各社の対応は現状で異なる。例えば、KDDI傘下のUQコミュニケーションズおよびインターネットイニシアティブ(IIJ)の広報は、4月3日16時頃の取材時点では「検討中」と回答。ソフトバンク子会社のLINEモバイルは「現状で、対応の予定なし」(ソフトバンク広報)としている。

引用元:BUSINESS INSIDER

現状では格安SIMを提供している会社は、大容量の無償化の対応の予定はないとしているようです。

今後にまた違ったなんらかの形で対応してくるかもしれませんが現状はそういったことは決まっていないようです。

SNSの反応

・ツイッターの反応

 

・その他のコメント

「若者よりも、高齢者や家族通話無料の幅を拡大、医療や行政機関への通話料などを無料にするなどの方が重要だろう。」

「若者に50GB使えるようにしまうと、自宅のwifiに縛られずに外に出歩いてクラスター化してしまいそう。」

まとめ

今回、新型コロナでの休校などのリモート学習の対応で3大キャリアが「50GB無償化」を打ち出しました。

これによりデータ通信量を気にせずに使える人も増える一方で、格安スマホを使っている人にはあまり恩恵は内容に思えます。

個人的な意見では、このサービスを利用してのリモート化で学習することはもちろんですが、外に外出できないエネルギー溢れる若い学生の方々がネットや動画を通じてリフレッシュできるような外出しなくても良い環境ができれば良いなと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です