話題

ブログやネットで月収6桁を稼ぐ中学生、そのマインドにSNSで反響の声も!

月収6桁を稼ぐ中学生ブロガーが話題になってます。

「好きなことで、生きていく」が徐々に浸透する時代に、最近SNSで注目されはじめた中学3年生がいる。ネットを通じて毎月10万円以上の収益を上げるキメラゴンさんだ。ブログ、ツイッター、note、YouTubeなどで発信し、あのネット有名人・イケダハヤトさんも太鼓判を押す。

引用元:Yahoo!ニュース

ブログやネットで月に6桁を稼ぐのは、中学3年生のキメラゴンさんです。

キメラゴンさんは高校の進路も決まっていて、週に1度くらいしか学校に通っていないようです。

その時間を仕事に当てているのだとか。

ブログ以外の仕事内容も

ブロガーとしての名が知れ渡っているキメラゴンさんですが、収入源は多岐に渡ります。

・ブログでの収入
・ツイッターでのコンサルの依頼
・ウェブライターでの収入

最近ではトークイベントの依頼も来たと言います。

実際には、ブログの収入よりもコンサルやライターの収入が多いようです。

参考元:Yahoo!ニュース

考え方が凄まじい

キメラゴンさんについて思った個人的な印象の一つに「考え方が強烈」ということがありました。

色々と印象に残っているのですが、学校や勉強について質問が個人的に一番印象深かったのでご紹介します。

参考にした記事を一部抜粋して書いていきます。

「学校のどんなところが嫌いですか。」という質問に対してこのように答えています。

やっぱり古いじゃないですか。教え方というか、無駄な校則多いよなと思っていて。制服とかダサいし。あと雰囲気が嫌いなんですよ。例えば部活だったら「ダルイ」って言ってる人はやめればいいのに、やめないんですよ。自分で何かを決めてやるという空気があんまりないからつまらない。

引用元:Yahoo!ニュース

これは確信をついていると言いますか、本当に中学生の言葉なのかと疑ってしまいます。

また、「勉強は得意ですか。」という質問に対して、勉強自体は全体的にしたの方ですと答えた後に、次のように答えています。

学校の成績で上位になったからといって、自分に何が返ってくるかというと受験に関係ある訳でもないし。学校の勉強はやりたい人がやればいいことだと思う。自分の苦手な分野で戦う必要はないと思います。

引用元:Yahoo!ニュース

最後の部分での「自分の苦手な分野で戦う必要はない」という言葉が心に響きました。

ツイッターでの反応

ではツイッターの反応も見ていきます。

・「アンチに対しての意見、達観していてかっこいい。」

・「強い。見習いたい。」

・「驚くほど素直な思考。そんでもって有言実行。30過ぎた僕でも憧れます。」

・「キメラゴンさん、圧倒的。完全に新時代、大人こそ読んだほうがいい」

・「別に本人がどう生きるか勝手だが、真面目に働いている人を馬鹿にするような言い方だけはやめてほしい」

・「凄いけど、親としては心配?そういう時代なんですよね」

・「収入があるのはいいんだけど、記事見る限り扶養から外れる事で、色々とデメリットもありそう。」

このように多くの反響があったようです。それほどに注目を浴びていることが伺えます。

まとめ

正直、このニュースを知った時は衝撃でした。

キメラゴンさんは、将来的はビジョンもしっかりしており、その若さで様々な「社会人の友達」もいるようなのでそもマインドがそ回っているのかもしれませんね。

このような世代の人達がどんどん活躍していく時代に今後なっていくのでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です