話題

ハムスターの可愛い画像、ぬいぐるみに顔をうずめる仕草に癒される

ぬいぐるみにうずくまってスヤスヤ眠るハムスターの写真が話題になっています。

一見すると、ぬいぐるみがゴロンとしているだけの写真だろう。

しかもこのぬいぐるみは人気キャラクター、すみっコぐらしの「えびふらいのしっぽ」ではないか。だが、ぬいぐるみの可愛さに気を取られてはいけない…。腕に抱えているのは決して付属品のモフモフボールなどではないのだ。よくよく見るとハムスターのお尻である。

引用元:livedoorニュース

とても愛らしい写真ですよね。

この気持ちよく寝ているハムスターの「ゴンタ」は0歳の女の子だそうです。

「ハムケツ」はどうやって生まれたのか?

ハムスターファンなら心を射抜かれることも多いハムスターのお尻こと「ハムケツ」。

この話題の写真にもしっかりと写っています。

その特徴は短いしっぽともふもふのお尻にあります。

どうして尻尾が短いのかというと、野生のハムスターは地下で生活しているので、高い場所に登る必要がなく、このために退化したといわれています。

参考元:amicom you

このお尻を飼育しているところのありの外からツンツンすると気持ちいいんです。

歩く時にもお尻が揺れるのでかわいいですよ。

ツイッターの反応も見ていきます。

筆者も、初めはハムスターが人形の一部かと思いまいした。

ハムスターは、眠い時は比較的どこでも寝ることができるので、人形のての間のスペースが心地良かったのかもしれません。

まとめ

手のひらで寝ることもある可愛いハムスター。

筆者も子供時代にはハムスターを飼育していたので、このようなモフモフとしたお尻には弱いです。

こういう和む写真は見ていて癒されます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です