日本

安倍総理の辞任で世界各国から惜しむ声、国内の反応はどうだろう?

安倍総理大臣の辞任表明に世間が注目を集めました。
今回は、安倍総理の世間での評価や海外の辞任に対する反応をみていきます。

この記事の要点

・安倍総理辞任での各国の反応
・国内の反応はどうか?

米トランプ大統領は「最大の敬意」

アメリカのトランプ大統領は安倍総理の辞任を聞き、「本当に素晴らしい友人で、われわれはとても良い関係だった」と語りました。

どんな意味での言葉なのかは、興味深いですが、ボルトン前大統領補佐官もトランプ大統領にとって最も良好な個人的関係を築いていた首脳としています。

中国では「尊敬する政治家」と称えられる

中国国営新華社通信は28日に安倍晋三首相の辞意表明を速報で伝えています。
この反応は、
・険悪だった中国との関係修復に取り組んだ
・2018年、2019年に訪中し習近平指導部との対話に努めた
として「尊敬する政治家」「勤勉な指導者」という声が上がっています。

ロシア、プーチン大統領も「高く評価している」

北方領土問題などが絡むロシアでも安倍総理の辞任には関心が高かったようです。
ペスコフ大統領報道官は、「極めて残念。後継者も両国関係のさらなる発展に向けた道を歩むことを期待する」と述べています。
同時に両国関係の発展や日ロの平和条約締結交渉に熱意を示してきたことに「多大な貢献」をしたと評価しています。

独メルケル首相は「歴史をつくった」

ドイツのメルケル首相は安倍総理の辞任について在職日数最長の日本の首相のことにふれ、「歴史を作った」としています。また、常に多国間主義に向けて努力してきたことについても賛辞を贈りました。
参考元:Yahoo!ニュース

メディアやSNSなどで発信してきた総理

第2次の安倍総理は、コロナの影響もありメディアやSNSなどでの関心は多かったのではないでしょうか。非常事態とも言える出来事で「緊急事態宣言」や「アベノマスク」などで安
倍総理を見たり、聞いたりすることが多かったと思います。

インスタグラムに投稿した「ステイホーム動画」で星野源さんとコラボ(?)しても話題になりましたよね。良いとか悪いとかは別にしてもです。

「笑っていいとも」にも出演していた

遡れば2014年に「笑っていいとも」のテレフォンショッキングのコーナーゲストにも出演しているんです。
現役総理大臣でこのコーナーに出演するのは初ということでした。
32年間続いた番組の最終回まであと7回の放送で出演。タモリさんと総理の近くにいる「SP」の話やタモリさんの「政治家はバライティーを馬鹿にしてる?」という質問などもにしっかりと誠意をもって答え、「笑っていいとも」のことを『無形文化財』と評価する場面もみせました。

一方、国内のマスコミは?

一方マスコミや記者の反応はどうだったでしょうか。28日に記者会見が開かれました。この会見はコロナ感染の対策を冒頭にはじまり、周辺諸国からの危機管理や対策の報告をしました。

その後に、安倍総理自身の内容へのシフトしました。そして潰瘍性大腸炎の再発にともない、7年8ヶ月の勤務を経て、総理の辞任を表明しました。
そして1時間以上の会見で様々な質問応答がありましたが、「お疲れ様でした」という言葉は一人でした。こうした質疑応答の席なのでそういうものなのかと思いますが、それにしてもこの反応はどうなんでしょうか。と個人的に感じました。

これについては元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏も会見をみてかみついていましたね。
また、大阪府の吉村洋文知事は「会うごとに『頑張ってますね』とあたたかい言葉をかけていただいた。僕の中では優しい総理。」ということ述べています。
参考元:Yahoo!ニュース

SNSの反応

ツイッターの反応を見ていきます。

いろんな方々がツイートしていますね。それほどに総理の辞任は関心が高かったといえるのではないでしょうか。

まとめ

誠実な性格と真っ直ぐな行動で様々な問題に取り組んできた安倍総理は、世界各国での評価の高さや知事やタレントの方々にも信頼された人物だったのだと感じます。

国内では、様々な意見はありますが、SNS上などでは、政治家や弁護士の方や安倍総理と関わりを持った方が多くの声があるのは事実です。

安倍総理、7年8ヶ月、本当にお疲れ様でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です